ホーム > お料理レシピ > 初夏の代名詞『かつおのたたき』

初夏の代名詞『かつおのたたき』

チョット面白い『かつお』の話・・・食材辞典より

「女房を質に入れても初鰹」と江戸での初鰹の人気は有名ですが、実際にはどのぐらいの値段だったのでしょう。 実際に初鰹に驚くような高値がついたのは元禄から天明ぐらい、18世紀を中心とする150年ぐらいの間でした。
文化9年(1812年)の記録が残っています。初鰹の入荷は旧暦の3月25日。わずか17本の入荷でした。 このうち6本は将軍家お買い上げ。この分の値段は非常に安い。3本は料亭の”八百善”が2両1分で買い、 8本が市場の魚屋に流れた。そのうち1本を中村歌右衛門が3両で買って、 下積みの役者にふるまったということです。今の貨幣価値に換算して、1両=3万円として、鰹一本が9万円です。
その後、江戸時代の末期になるにつれて初鰹のフィーバーは沈静化し、値段も普通になっていきます。
初鰹は目利きが命・・・美味しい初かつおを食べてください。

鰹(かつお)のたたき・・4人前 材料


かつお 一節 ねぎ 1/2本 胡瓜 1本 塩 少々 わかめ 50g エシャロツト・もみじおろし 適宜
Ⓐ(おろしニンニク・おろし生姜 各1片分 あさつきの小口切り 1/2束分)

鰹(かつお)のたたきの作り方

①活きの良いかつおの節おろしにしにしたものを求めます。
②まな板に①のかつおを皮目を下にして、横に置き、金串5本を皮目近くに末広に打ちます。強火の直火にかざし、皮目をさっとあぶり、すぐに氷水にとって冷まします。水気を拭き取り、布巾に包んで冷蔵庫に入れておきます。
③ねぎは4~5cmの長さに切り、包丁目を1本入れて芯を取って千切りにして、布巾に包んでもみ洗いをし、水気をとってさらしねぎにします。
④胡瓜は薄い輪切りにし、塩を振ってもみ、しんなりとさせて水けを絞ります。わかめは塩を洗い落とし、熱湯にさっとくぐらせて冷水に取って冷まします。
⑤②のかつおを食べよい厚さに切り、切り口を上にして器に盛り、③のさらしねぎ、④の胡瓜・わかめを添えます。もみじおろし・エシャロットを添え、かつおにⒶの薬味を散らし、しょうゆ又は酢しょうゆでお召し上がり下さい。

かつおのタタキ