ホーム > お料理レシピ > うに供養祭に因んでの簡単お料理レシピ!!

うに供養祭に因んでの簡単お料理レシピ!!

はまぐりのうに焼き


山口県うに協同組合主催の第49回うに供養祭が挙行され、来年はいよいよ第50回の節目の年となります。
50周年のイベントにうにを素材として使った『うにのお料理コンテスト』を実施できればと・・・・(^O^)

磯のかおり漂う・・・
はまぐりのうに焼き ◯材料(4人前)
生うに 小1箱または粒うに
はまぐり(殻付) 大 8個 塩 少々
◯作り方
①はまぐりは殻を綺麗に洗い、海水程度の塩水に入れ、塩水を2~3回変えて、半日おき、砂をはかせます。
②よく熱した焼き網の上に、①を乗せ、焼きます。貝の口が開いたら、生うにを乗せ、軽く塩をして、蓋をして、蒸し焼きにします。
③塩を敷いた器に盛り付け出来上がりです。
コツ
はまぐりは口が開いたときに、砂があったらサッと洗い流します。
貝類は火を通しすぎると、身が縮んでかたくなるので焼き加減に注意しましょう。
メモ
生うにが無い時は瓶詰の粒うにと卵黄を混ぜてご利用ください。その時は塩は不要です。
日本酒のおつまみとして、最適です。

たたみいわしのうに焼き


小さく盛って小粋な珍味!!
たたみいわしのうに焼き◯材料(4人前)
練うに 40g 卵黄 1個 のり 2枚
たたみいわし 4枚 卵白 少々
◯作り方
①練りうには卵黄でのばしておきます。
②のりはたたみいわしの大きさに揃えて切ります。
③たたみいわしの片面に卵白をハケで塗り、②ののりを貼り付け、焦がさないように両面を焼きます。さらに、のりのついてない面に①のうにを塗り、表面を乾かす程度に焼き、再びうにを塗り、焼きあげます。
④食べやすい大きさに切り、器に盛って出来上がりです。
コツ
焦げやすいので、弱火で焼くことです。うにを塗った後は、うにを塗った面を上にして、下から火を当てて焼き上げていきます。
メモ
うには生うに・粒うに・練うにがあります。練うにには、塩づけのうににアルコールと調味料を加えて練ったもので、そのままでもいただけますが、うにの風味を生かし、和え衣・うに酢・うにドレッシングなど、いろいろなお料理に便利です。

おかむら社長ブログに山口県うに協同組合のお薦めの『うにお料理レシピ』を掲載しています。
http://okamurafd.blog80.fc2.com/blog-entry-77.html